CSR情報

コンプライアンス

当社では、反コンプライアンス事象が発生する時の組織的要因である「しくみ」、「教育」、「風土」に着目しています。これら3要因に対して、徹底的に対策を講じることによって、反コンプライアンス事象が発生しない・発生させない風通しの良い組織づくりを目指しています。当社では、「しくみ」、「教育」、「風土」への取組みを3本柱としており、具体的には次の通りです。

 

しくみ

コンプライアンス違反を防止するためには、しっかりとした仕組みが必要です。当社では10項目以上の内部監査を実施し、コンプライアンス委員会、内部通報制度を設置して、法令遵守に着実な努力を続けています。

詳しくはこちら

教育

コンプライアンスの徹底を図るうえで、業務に関する法律の知識は必要不可欠なものです。当社では、教育をコンプライアンスの要の一つと捉え、様々な教育を実施しています。

詳しくはこちら

風土

風通しの良い職場には、「反コンプライアンス事象が発生しない」との考えのもとに、当社では各種コミュニケーションの機会の設定やツールを準備し、「風通しの良い職場づくり」を目指しています。

詳しくはこちら