CSR情報

社員と共に

人材の育成

人材の育成については、「10年で世界中どこへ行っても通用し、必要とされるエンジニアに育てる」という理念のもとに、高度な固有技術の習得に向けた専門技術研修システムの充実を図っています。また、毎年「技術技能競技大会」を開催し、本競技を通じて、基礎的要素技術の向上に積極的に図っています。

採用情報のページへ

働きやすい職場づくり

1 職場環境の改善

風通しのよい職場づくりに向けて、3ヶ月毎に各部署で「職場討議」を実施していますが、この職場討議により、社内のコミュニケーションが活性化され、良好な職場環境が実現しています。また、職場討議の中で出された職場環境の改善要望については、働きやすい職場づくりに向けて、本社および各事業所が積極的に改善に取組んでいます。

2 ハラスメント事前防止

当社は、全ての社員が個人として尊重され、お互いの信頼のもとに、いきいきと働ける職場環境をつくり、維持することが重要と考えます。いかなるハラスメントも排除・防止するために、法に定められた対策のほか、社外講師による「セクシャルハラスメント・パワーハラスメント」の講演会の開催、e−ラーニングによる教育、また、人権相談員の任命による相談窓口設置などの対策を講じています。
さらに、職場におけるセクシャルハラスメントの防止対策として、「セクシャルハラスメント防止マニュアル」を配布しています。セクシャルハラスメントに関する正しい 知識、防止策、セクハラ相談窓口の案内などを周知し、働きやすい職場づくりを目指しています。

セクシャルハラスメント防止マニュアル
 

3 ダイバーシティ推進

(1)女性社員の活躍推進

当社はダイバーシティ推進の一環として、2011年4月に、女性社員の活躍推進に取り組むワーキンググループ「WPW」(work-life balance planning for wise employee)を発足させました。3年間の中期計画を定め、現在、各部門や事業所の代表メンバー14名が活動しています。男女双方の意識改革・ハラスメント防止の啓発活動・ボランティア活動・女性活躍に関するアンケート調査・「WPWフォーラム」開催などに取り組み、『誰もが年齢や性別に関わりなく、やりがいを持って働ける職場の実現』に向けて着実に歩みを進めています。

ワーキンググループ「WPW」
 

(2)外国人実習生・研修生の技術習得

当社では、多様な人材活用の一環として、中国・ベトナムから研修生・実習生を受け入れています。製鉄業を中心とした高い技術・技能を習得することにより、帰国後有為な人材となるよう育成に努めています。熱心な実習生・研修生の存在は、社員のモチベーション向上に大きく寄与し、社員のさらなる技術の向上に役立っています。

(3)障がい者雇用の促進

当社は既に法定雇用率を満たしておりますが、企業の社会的責任を果たすとともに、多様性の尊重・公正な処遇による組織力向上を目指すうえで戦力として期待する、という方針のもと、積極的に障がい者の採用を進めています。