排熱利用発電設備・冷熱発電設備

エネルギー有効利用 バイナリ発電プラント技術

概要

近年、低位排熱(100℃前後の熱水、場合により プロセス蒸気)の有効利用による、ランキンサイクル等の中間熱媒体による エネルギー回収発電プラントである低位排熱利用発電プラント が注目されています。

地熱発電における、いわゆるバイナリサイクル発電と同じ技術であり、20年以上前から 実施例のある技術ですが、投資額が大きく、熱源が 120〜90℃×15〜20MW程度の、できれば連続熱源が良い、という点から どちらかと言えば敬遠されていました。 最近の環境意識の高まり、省エネルギー貢献の観点から再度、注目されています。

神鋼EN&M プラント事業部では、エネルギー有効利用設備として、これら排熱利用発電システムの プロセスシステム設計・FS検討を行うと共に、プラント建設・試運転助勢までの一貫対応が可能です。

低位排熱利用ランキンサイクル発電 基本システム

プラント事業部 営業部
TEL(03)-5739-5336
プラント事業部 プロジェクト部
TEL(078)-881-3416
このページの情報に関するお問合せはこちら
お問合せ