株式会社神鋼エンジニアリング&メンテナンス

老朽化更新実施例(小規模システム実施例)

HOME ⟩  事業・サービス ⟩ 情報システム ⟩ システムメンテナンス ⟩ 老朽化更新 ⟩ 大規模システム実施例

お客様の問題点

設備メーカーが導入した制御装置のうち、パソコンシステムのみ老朽化更新を提案されたが、メーカーから提案された費用が非常に高い。

自社(お客様)は、誰もシステムの中身がわからない。他のベンダーに頼んでも、内容がわからないという理由で断られた。

もっと、安価に更新したい。

当社のアプローチ

  • システム内容の調査

    既設システムに関する設計ドキュメントは見当たりませんでした。
    唯一、ドキュメントとして存在していた操作説明書、およびオペレータからのヒアリングを元に、制御装置からの入出力信号、画面・帳票への出力内容を確定させていきました。

  • 事前の動作確認の実施

    システムの出力結果によって設備が動作するシステムであるため、機器動作については、事前に確認用のソフトウェアを作成し、お客様設備の停止時に事前動作確認を実施し、不明点の解消を図っています。

システムの概要

導入後の評価

  • システムの稼動状況

    本番切替後、順調に稼動中。

  • 導入費用

    メーカ提案更新費用より30~50%程度のコスト低減が図れている。

  • その他効果

    • お客様の手をかけずに更新できている。
    • システム更新に併せて、改善要望を対応し、機能アップできている。