株式会社神鋼エンジニアリング&メンテナンス

位置検出による物流管理システム

HOME ⟩  事業・サービス ⟩ 情報システム ⟩ 産業向けシステム ⟩ 位置検出による物流管理システム

概要

個別識別媒体(RFID、カラーバーコードなど)が物(材料・半製品・製品)に取付けできない場合に有効な方法です。 搬送装置(クレーン、トラックなど)の作業場所や物(材料・半製品・製品)の通過情報・位置情報(リミットスィッチ、フォトセンサ、距離計など)を自動的に収集し、搬送装置・物の移動(移動元、移動先)をリアルタイムに特定することで、システム内に保存している置場位置情報、製造ライン内の位置情報を更新し、リアルタイムで情報提供を行います。併せて、作業指示の出力や自動運転を実現することも可能です。

ポイント

  • 搬送装置(クレーン、トラックなど)の特性に合った位置検出方法の選択

  • 製造ライン内の物の位置管理するために使用する信号の選択

  • データ授受のために、工場環境に合った通信方式の選択

  • 作業者が使用する端末(タブレット、iPadなど)の選定

位置検出方法

スクロール→

媒体 メリットデメリット用途
レーザー距離計
  • ・高精度
  • ・長距離(数cm~数百m)
  • ・障害物があると測れない
  • ・設置が難しい(工事が必要)
  • ・見通しの良い搬送設備  (クレーン、トラバーサーなど)
RFID
  • ・障害物があっても認識可能
  • ・読込可能距離制約がある
  • ・認識したい位置の数によって、読込用の専用機器が必要
  • ・見通しが良くない搬送設備(クレーン、フォークリフト、トラバーサーなど)
その他センサー
  • ・様々な環境で適用できるセンサーを選定可能
  • ・設置工事が必要
  • ・方法によっては高価となる
  • ・コンベア、製造ラインを通過する物の認識

位置検出による物流管理

物(材料、半製品、製品など)の移動を判断するために、搬送装置(クレーン、トラックなど)の作業場所(前・後)や物の通過信号を特定し物の移動を認識します。

導入事例

  • 作業位置検出による置場管理(クレーン(レーザー距離計活用))

    クレーンの吊上げ・吊下げ時に、クレーン位置(X、Y座標)を検出し、置場の特定と作業中の物を特定します。

  • 作業位置検出による置場管理(RFID活用)

    クレーンの吊上げ・吊下げ時に、置場毎に設置したRFIDタグを読取、クレーンの作業置場を特定し、クレーン位置変化に追従することにより、物の移動(移動元・先)を判断します。

  • 設備設置センサー信号による物の位置管理(連続ライン)

    製造ラインを移動する製造物の開始・終了・通過を検出し、製造物の移動(移動元・先)を判断します。