株式会社神鋼エンジニアリング&メンテナンス

生産・設備情報収集システム

HOME ⟩  事業・サービス ⟩ 情報システム ⟩ 産業向けシステム ⟩ 生産・設備情報収集システム

概要

生産・設備情報収集システムは、工場や設備からの情報を簡単に収集するごとができるシステムです。電気信号による取込み、PLCとの通信による収集、無線取込みが可能なセンサーとの接続などあらゆる情報の収集に対応可能です。また、情報収集の方策についてもお客様と一緒に安価で実現できる方法を検討致します。
収集した情報については、稼働率管理や設備投資効果の把握に利用できます。

システムのイメージ

特長

  • データ収集機能

    工場・設備からの情報をPLCからの通信による取込み、センサー情報の電気信号による取込み、無線センサーからの取込など様々な方法に対応できます。

  • 収集データ可能機能

    一定周期で収集した情報を時系列情報、設備の稼働状態や故障発生など状態変化時間を表す情報に加工し蓄積します。収集方法や受渡し方法は、パラメータ設定のみで簡単に追加・変更を実施することができます。

  • 情報照会

    収集したデータの最新情報の表示や時系列データをグラフ化して、表示できます。また、設備の状態変化情報に画面から付帯情報(理由,備考など)の入力ができ、収集データと一緒に蓄積可能です。

  • 情報分析

    収集した情報は、CSVファイル形式で出力することができ、Excelなどのパソコンソフトで分析・集計・資料化を簡単に行うことができます。

画面事例

システム説明

機能名 概要
データ収集機能 標準で、設備のプロセス信号のデジタル、アナログ入力の取込(別途、IoT機器経由)、Bluetooth、LAN、シリアル通信に対応しております。
収集データ加工機能 時系列データ、ON・OFF信号データの収集をパラメータの設定のみで構築できるように対応しています。
点検管理 日常点検・定期点検等の作業管理
外部出力機能 収集した結果のデータを設定した周期で指定の箇所にCSV形式に保存します。
画面機能 収集したデータをもとに最新情報の表示、ON/OFF信号をもとに付帯情報の入力して管理する画面や、履歴データのグラフ表示に対応しています。

本システムの活用例

システム導入を検討されているご担当者様へ

当社では、生産・設備情報収集システムを商品として開発し、お客様へ提供致します。本システムは、お客様のニーズにあった対応が可能で、既存設備の変更が困難な場合でも、多様な設備稼働情報の収集に対応し、ご相談にも応じております。
弊社では様々な設備でのシステム構築ノウハウを有しており、調査・提案・設計・製作・試験・調整・保守の業務を一括して請け負います。