株式会社神鋼エンジニアリング&メンテナンス

圧縮機の運転状況の診断・改善提案

HOME ⟩  事業・サービス ⟩ 機械設備 ⟩ 省エネ診断 ⟩ 圧縮機の運転状況の診断・改善提案

概要

現状の運転状況を把握し、現状に合った圧縮機装置に改善します。

消費空気量、消費電力量の把握

同一ラインの全圧縮機に計測器を取りつけ、24時間/日×約1週間自動計測することにより、 各圧縮機のその時刻における運転状態(負荷状態)を把握し、消費空気量/消費電力量を算出します。

ライン圧力変動値の把握

吐出圧力、ライン圧力を計測し、問題点を把握します。

エネルギー原単位改善案の提言

計測データにより、電力量を最小にする方策を立案し、効果をシミュレーションします。
設備改善工事施工の概算費用を算出します。
これをもとに、具体的な数値、工事内容にて、設備の最適化、将来構想の提言を行います。

省エネ改善シミュレーション例
特長
  • 各圧縮機の負荷状態を同時に直接計測することで、データの精度が非常に高く、より現実にあった対応策が取れます。
  • 省エネ効果と、そのための設備改善費用が、精度よく提言書に盛り込まれます。
  • 同じ神戸製鋼グループの圧縮機のパイオニアメーカーであるコベルコ・コンプレッサとタイアップしており、 確立された技術と長年の実績があります。