CSR情報

情報セキュリティ

今日の情報通信技術の進歩は、社会生活の利便性を向上する一方で、情報資産に対する不正アクセスの脅威も高めています。大量の情報が瞬時に伝達できるインフラ環境の中で、情報流出・漏洩のトラブルが少なくありません。
当社は、取り扱う全ての情報資産について、適切に取り扱い保護することが企業としての社会的責務であると考えており、信頼される高度な情報セキュリティマネジメントを実践しています。

主なセキュリティ対策

  • パソコンや情報機器の社外持ち出し管理とともに、紛失・盗難した場合でも、情報の抜き取りが行えないよう、パスワード運用と情報の暗号化を実施しています。
  • 情報漏洩等の問題が発生したときには、即時に追跡調査を行い、被害を最小にとどめられるよう各種のアクセスログを採取・保管しています。
    (電子メールの送受信ログ、USB等への情報書き出しログ など)
  • 新種のコンピュータウィルスからもパソコンを守るため、最新のセキュリティ対策ソフトの強制自動適用を実施しています。
  • インターネット経由でのウィルス感染を防止するため、ウィルス感染する可能性の高いサイトへの接続を制限しています。
  • 『情報セキュリティ対策運用マニュアル』を定め、遵守状況について定期監査を実施し、守られていないパソコンはネットワークに接続できない仕組みを導入しています。

情報の流出経路