株式会社神鋼エンジニアリング&メンテナンス

概要

ホウ素は熱中性子を捕獲する性質があります。測定対象物中の ホウ素濃度に応じて熱中性子検出器の計数率が変化することを利用して、物質中のホウ素濃度を測定します。
試料を装置にセットしてタッチパネルを操作すれば、5分で測定を完了し結果を表示します。
火力発電所で発生する石炭灰の、リサイクル用途拡大による環境汚染防止の目的から、財団法人電力中央研究所と共同で開発しました。

特長
  • 従来法(ICP発光分光分析法)に比べ簡易・迅速に測定可能
  • 放射線取扱主任者が不要で、簡単な手続きにより使用可能