株式会社神鋼エンジニアリング&メンテナンス

概要

LNGサテライト設備は、LNG大規模基地からタンクローリーで輸送されたLNGを貯蔵し、消費地でガス化して供給するものです。LNGはC02の排出量が化石燃料の中で最も少なく、地球に優しいエネルギーです。また、重油とのコスト比較でも十分にメリットがあることから、LNGに燃料転換する動きが加速しています。当社はこれまでの中型、大型LNG設備で培ったノウハウをいかし、小型LNGサテライト設備を標準化しました。

主な特長
  • 設計の標準化
    • 設計~運転開始まで10カ月以内で対応可能
    • LNG貯槽容量:80KL以上のサテライト設備は10カ月
    • LNG貯槽容量:60KL以下のサテライト設備は9カ月で対応可能
    • システムフ口ー、機器仕様を標準化することによる工程の短縮
  • 省スペース化
    • 当社従来比30%の省スペース化を実現
    • お客様の敷地制約・制限に対しフレキシブルに対応
    • 自社製機器(LNG貯槽、LNG気化器)の特長を生かした最適配置
  • 容易な運転操作
    • 運転操作性を考慮した弁配置設計
    • LNG受入れ時のパージ作業の簡略化
    • 3D-CADを用いた設計による弁操作・配置の最適化
  • サービス体制
    • 計画段階からのフルサポート体制(法規制対応を含む)
    • 豊富な実績からの最適計画のご提案
    • 定期点検等の充実したアフターサービス体制化
  • オプション対応
    • お客様のさまざまなご要望に対応可能
    • 大容量貯槽ヘの対応
    • LNG口ーリー複数車同時受入れ
    • 高性能空温式LNG気化器
    • LNG受入れの自動化

設備仕様

主要機器

LNG貯槽:40、50、60KL(真空断熱タイプ) 80、100、120KL(パーライト断熱タイプ)
LNG気化器:03、0.5、0.7、0.9t/hr(温水式)

機器配置

機器個数の最小化/省スペース化
横型温水式LNG気化器採用によるバルブスペースの階層化(バルブスタンドを気化器上部に配置)
個別の敷地形状・制約につきましては別途、ご相談に応じます

設備導入のご提案

標準モデル例

当社が推奨する、標準組合せ例。代表的な標準モデル例を以下に示します。

LNG使用規模(t/年) 3,000
平均使用率(t/日) 10(300日/年ベース)
設備型式 EN-3000
LNG貯槽(KL) 80(パーライト断熱タイプ)
LNG気化器(t/hr) 0.5×2基(温水式)
必要スペース(mxm) 9×14

標準器組合せ例

LNG使用量に応じた標準機器の組合せ例は以下に示す通りです。標準以外の組合せも対応可能です。

LNG使用規模(t/年)1,0002,0003,0004,0005,000
平均使用率(t/日)3.36.610.013.316.7
LNG貯槽(KL)40
(真空断熱タイプ)
60
(真空断熱タイプ)
80
(パーライト断熱タイプ)
100
(パーライト断熱タイプ)
120
(パーライト断熱タイプ)
LNG気化器(t/hr)0.3(温水式)0.5(温水式)0.5(温水式)0.7(温水式)0.9(温水式)
必要スペース(mxm)8.5×13.08.5×13.09.0×14.09.0×14.09.0×14.0

標準工期

発注から試運転完了までは約10カ月で!
標準モデルでの製作工程は以下の通りです。標準の工期は、ご発注~試運転完了まで9~10カ月となりますが状況によっては工期短縮のご相談にも応じます。