株式会社神鋼エンジニアリング&メンテナンス

概要

神鋼エンジニアリング&メンテナンスでは、健康経営の推進が、従業員の活力や組織の活性化をもたらし、結果的に業績や企業価値の向上につながり、私たちの目指す「イキイキワクワクした会社」を実現出来るとの考えから、社員の健康と家族の健康を第一に考え、以下の取組みを進めていきます。

  • 会社は従業員と家族の健康を重要な経営課題と捉え、安全と健康を最優先する職場文化を醸成していきます。

  • 会社は健康保険組合と共に、従業員一人一人が自らの健康管理に取り組むことを積極的に支援します。

  • 「働き方改革」「ダイバーシティ推進」施策と共に、従業員と家族の健康保持、増進でワークライフバランスの実現と生産性の向上を目指していきます。

健康増進の取り組みと成果

生活習慣病予防と健康増進
  • 健康保険組合とタイアップした「健康チャレンジ活動」の100%参加と達成率の向上
    → 前年度 実績 95%
  • 全社の喫煙率低下(現状マイナス10%)を目指し、受動喫煙対策を推進する
    → 前年度比 1ポイント改善
メンタルヘルス推進
  • ストレスチェックによる集団分析結果の有効活用で良好職場の事例を水平展開し、職場環境改善をすすめる
  • 社内外の相談窓口の充実
  • 「メンタル不調休業・復職支援ガイドライン」並びに「治療と職業生活の両立支援ガイドライン」の円滑な運用
長時間労働による健康障害の未然防止
  • 上司との面談を通じた業務効率化で「働き方改革」の推進
  • 時間外労働月45H超の対象者と上司が必ず面談し、働き方の工夫を推進する
取組みの成果

健康診断結果の推移(単位 %)

取組み体制

社外の評価

これらの取り組みから、

2015年には「健康いきいき職場スターター認証」※をうけることができました。 安全衛生を起点としたメンタルヘルス対策を積極的に推進するとともに、従来型のメンタルヘルス対策をさまざまな“いきいき活動”に脱皮させようという努力が評価されたものです。
※:「健康いきいき職場づくりフォーラム」日本生産性本部と東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野が共同で設立した「健康いきいき職場認定制度」。

2017年には経済産業省と日本健康会議が認定する「健康経営優良法人 大規模法人部門 ホワイト500」の初認定をうけ、2020年度にも引続き、4年連続で認定を受けました。

2018年には兵庫県の健康チャレンジ企業として登録されました。

「健康いきいき職場づくり」の様子

個人の健康と組織の健康をつなぐキーマン!
ライン長対象研修

2017年度の初認定を受けた「健康経営優良法人ホワイト500」を記念して、 「個人の健康が支える活力ある組織づくり~一人ひとりの健康をいかにして組織の力に変えるか~」と題した講演会を開催しました。

治療と職業生活の両立支援ガイドライン
現場巡回での説明会

職場運営のキーマンである全社組織のライン長を対象に両立支援のすすめ方や留意点について説明会を開催し、 啓発や浸透活動に取り組んでいます。

全社で展開する健康イベント

「健康いきいき職場を目指して 伸ばせ健康寿命! みつめよう自分のからだ」をテーマとして健康イベントを開催しています。