株式会社神鋼エンジニアリング&メンテナンス

概要

システム老朽化更新に関して、システムの更新を最適に実施する方法を提案します。
以下のような悩みに対応します。

  • パソコンとPLCで構成されたシステムのパソコンだけを老朽化更新したい。

  • システムの内容がわからないシステムを更新したい。

  • システムの老朽化更新をとにかく安価で実施したい。

  • 老朽化更新時に機能アップしたい。

当社老朽化更新の基本方針

各更新方式の特徴

(1-1)代替品、中古パソコン活用によるハードウェアの更新

現状のシステムと同型のパソコンを用意し、ハードウェアのみを交換する方法

選択のポイント

  • とにかく安価にしたい。
  • とにかく動作してくれれば良い。改造することもない。
  • 保有している同型のパソコンがあるので活用したい。

更新業務の流れ

(1-2)パソコンの基本ソフトのバージョンアップによる更新

パソコン本体、基本OS(Windows)は最新バージョンとし、ソフトウェアは既設を流用する。最新バージョンで動作しない部分のみ修正する方法

選択のポイント

  • 安価にしたいが、ハードウェアは最新にしたい。
  • とにかく動作してくれれば良い。改造することもない。
  • 最新バージョンでないWindowsシステムである。
  • 既設のソースプログラムが全て揃っている。

更新業務の流れ

(2)単純コンバート

パソコン本体、基本OS、ミドルウェア等を最新にして更新。ソフトウェアは既設プログラムを1行ずつ新システムで動作するように変更して、システムを構築する方法

選択のポイント

  • 将来の改造に備えて、いつでも改造できるように最新の技術を活用したい。
  • 基本ソフトのバージョンアップでの更新をしたいがバージョンアップができない。
  • 既設のソースプログラムが全て揃っている。

更新業務の流れ

(3)新規システム構築

既設システムと同じ動作、同じ機能を有するシステムを新たに作成する方法

選択のポイント

  • 既設システムのドキュメント、ソースプログラムがない。変更時に手直ししていないので、ハードウェア更新、単純コンバージョンができない。
  • 既設システムを熟知した技術者がいないので、ブラックボックス化している。
  • システムの更新にあわせて、システムの改善・改造を実施したい。

更新業務の流れ

老朽化更新を検討されているご担当者様へ

当社では様々な老朽化更新の経験があり、更新方法のノウハウを有しております。お客様にとって最適な更新方法について提案してまいります。

老朽化更新実施例